北アルプス高天原温泉 日本一遠い温泉でひとっ風呂浴びた

公開日: 更新日:

2日歩かないと着きません!

 北アルプスの山中にある「高天原温泉」は、山道を歩いて片道2日、往復で4日もかかる“日本一遠い温泉”だ。多くの温泉マニアが「ここだけは行ったことがない」と口をそろえる激レア温泉を、温泉めぐりも山歩きもビギナーの40代記者が果敢……いや無謀にも目指した。

 ともに日本百名山である北アルプスの薬師岳、水晶岳の間の奥深い谷あいに位置する高天原温泉。冒険のスタート地点は富山県の「折立」登山口。ダム湖(有峰湖)を横目に見ながら、まずは標高2373メートルの太郎山を目指した。

 出発は午前8時。ガイドブックによれば、頂上近くの山小屋までは約5時間。昼食は午後2時までなので、大幅に遅れるとメシ抜きだ。

 天気は快晴。最初はうっそうとした林を進み、直射日光が当たらないのは助かったが、風通しが悪いので蒸し風呂状態。たちまち顔から玉のような汗が噴き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る