大型冷蔵庫は2019年6月に“型落ち”狙い 家電の達人が指南

公開日: 更新日:

 来年10月の消費税アップまでの間に、ボーナスは2回。この冬と、来年の夏だ。どの家庭でも高額商品購入の際は、ボーナスをアテにする。とりわけ、生活に欠かせない白物家電は、真っ先に候補に挙がるだろう。何を優先するべきか? 日刊ゲンダイ連載「愛しの家電日誌」でお馴染みの家電+ライフスタイルプロデューサー、神原サリー氏の意見はこうだ。

■大型冷蔵庫(500リットル以上)、ドラム式洗濯乾燥機…どちらも売れ筋は30万円前後→消費税は2万4000円から3万円にアップする。

 消費税2%アップ分の6000円は、ランチなら6~7回分に匹敵。バカにできない金額だ。

「どちらも白物家電の代表ですね。まず大型で省エネ性の高い冷蔵庫は、この秋に2018年モデルが出そろって価格も落ち着いています。この冬のボーナスで買うのもアリですが、実は来年の増税前の6月ごろに新モデルを出す動きが見られます。それを待って、18年モデルの型落ちを狙う手はあります。型落ちはこのクラスでざっと10万円は安くなる。これは大きい。高機能の新モデルにこだわらないのなら“待ち”だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る