【ポテサラ明太】コンビニスナック菓子を一工夫で一級品に

公開日: 更新日:

「ポテトサラダが嫌いな男性ってあまりいませんよね。でも、自分で作るとしたら、結構手間がかかるものです。これならば、コンビニの材料ですぐできます」

 そう言われて出されたのが、少し黄色みのある濃厚そうなポテトサラダ。で~んと上にのった存在感たっぷりの明太子が、「食べたい!」という欲求を駆り立てる。一口頬張れば、あのじゃがいもの風味と甘味と食感があるのだが……。

「こちらはじゃがりこを牛乳で茹でて、かつお節と醤油と黒コショウで味付けしたものです」

 確かにキュウリや玉ネギ、ハムといった定番の具は見当たらない。あるのは、じゃがりこに練り刻まれたパセリや乾燥ニンジンだけ。食感は、つぶつぶの明太子が出している。

「和食は仕込みに時間や手間がかかります。いわ瀬で一番の人気メニュー『黒毛和牛のほほ肉柔らか赤ワイン煮込み』は10時間以上かけています。ただ、自宅で作るとなると、誰でも入手できる材料で、簡単に作れるものの方がいいでしょう?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る