ブームの「生前贈与」でも変更点…相続人でトクするのは?

公開日:

 2015年の「相続税の基礎控除の減額」以降、ブームになった「生前贈与」についても激変する。基礎控除の減額により、課税対象者は増えた。それに対する有効な節税手段として、「現金の暦年贈与」や「孫への教育資金贈与」が注目された。そして今回、新たに変わるのは――。

 まず、遺留分に関する制度の見直しだ。これまで、相続人に対する生前贈与は、「相続開始の何年も前にされたものでも遺留分の計算に算入」されていた。今後これが、遺言がある場合、「相続開始前の10年間にされたものに限り遺留分算定の財産に算入」することになる。どういうことか?

「例えば、自営業者が自分の長男に店舗や工場を前もって贈与するようなケースです。贈与して10年たてば遺留分の算定の財産にはならないので、すんなり後継ぎに商売に使う資産を譲ることができる。親が死んできょうだいでモメることはよくありますが、店舗を半分にするとか共有にするとかになれば商売どころではない。後継者に株を贈与する場合も同様です。前もって遺言しておく条件は付くものの、子供たちは贈与を受けやすくなるメリットがあります」(松丸会計事務所・松丸隆一税理士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る