ウラジオストクの魅力とは インスタ映えで日本人が急増中

公開日:

 何を撮っても“映え”。ロシアのウラジオストクはそうらしい。

「景色、食べ物、カフェ、軍人さん……ウラジオストクがインスタ映えするというのは、絶対的にそう。世界中を回って撮影しているカメラマンから『めちゃくちゃインスタ映えする場所』と聞いたこともあります」

 そう話すのは、ウラジオストクに魅せられ、移住して4年になる宮本智さん。現地旅行会社「うらじお」を経営し、ウラジオストクの情報を発信する「ウラジオ.com」の管理人を務める。

 ウラジオストクへの日本人観光客が急増している。契機は昨年8月のビザ緩和。これまでロシアは観光旅行であってもビザ取得が必須だったが、ネットで無料申請できるようになったのだ。宮本さんによれば、今年の日本人観光客数は1万7000人(9月時点)。以前は例年7000~1万人ほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る