JALのCMでも注目 観光地に「ハート」が増えたルーツは?

公開日:

 どこに行ってもハートだらけ! 秋の行楽シーズン、観光地に出掛けてそう思ったことはないだろうか。

 たとえば、千葉県君津市の「濃溝の滝」は、本来、人工的な農業用水路だが、差し込む光がハート形に見えると話題に。季節や時間がバッチリ合わないとダメで、「行ってみたらタダの沼だった」という声もあるが、ハート目当てに出掛ける人はカップルだけじゃない。

 沖縄県今帰仁村(なきじんそん)の古宇利島にある「ハートロック」は、2つの岩が重なってハートに見えることから、地元の観光関係者が名付けた。嵐が出演するJALのCMのロケ地に選ばれたまではよかったが、ファンが殺到しすぎて大混乱。ゴミのポイ捨てや渋滞など、マイナス面も大きいようだ。

 島根県隠岐諸島の中ノ島(海士町)にある明屋海岸には、屏風岩と呼ばれる大きな岩がそびえ立っているが、海面に近い部分にハート形の穴(写真)がポッカリ。そのため、近ごろは「ハート岩」と呼ばれているという。この海岸には、男の神と女の神が結ばれてお産をしたという伝説があることから、恋愛成就のパワースポットとして人気上昇中。よーく目を凝らしてみると、ハートというよりは、ニワトリが横を向いている姿に見えなくもないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る