相続法改正で新設「特別寄与分」が認められるケースとは

公開日: 更新日:

 介護で離職する人は、8割が女性といわれる。嫁が義理の親を介護しているケースが多い実態がうかがえるだろう。嫁がどんなに義理の親に尽くしても、これまでの相続の枠組みでは、相続人になれるのは配偶者や子供で、嫁は対象外だった。

 しかし、来年の相続法改正で、そんな“不公平”が是正される。それが、改正の目玉のひとつ「特別寄与」の新設だ。

 たとえば、父が亡くなって母と3人の子供が相続するケース。通常は、母が2分の1の遺産を相続し、残りの2分の1を3人の子供で等分する。それが遺産分割の基本的な考え方だが、仮に長男夫婦が両親と同居しながら介護していたりすると、離れて暮らす2人の弟より遺産分割の増額を要求するようなことはよく耳にするだろう。

 そんな相続分を増やす制度は「寄与分」といわれる。その対象は配偶者や子供ら法定相続人に限られていたが、新制度では、長男の嫁のような法定相続人ではない親族も、ほかの相続人に対して「特別寄与分」を請求できるようになるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る