紅茶キノコが米国で大ブーム 新名称「コンブチャ」のナゼ

公開日: 更新日:

 まるで生ビールのように、ボトル詰めしていないフレッシュな「Booch(ブーチ=コンブチャを縮めたスラング)」をタップで飲めるレストランが登場したかと思えば、テレビの料理番組でコンブチャの作り方を紹介。肌に塗るローションタイプのコンブチャも販売されているという。

■アメリカ人が混同?

 ところでなぜ、コンブチャという名前?

「紅茶キノコの“キノコ”をコンブと混同したアメリカ人がネーミングしたといわれていますが、真偽は分かりません」(シェリーさん)

 このコンブチャ、実は最近、日本に逆輸入された感じでジワリジワリと人気が出ている。昨年4月、コンブチャを前面に押し出したカフェを西麻布にオープンさせた「大泉工場」の担当者によれば、社長が米国でコンブチャの大売れぶりを目にし、「発酵といったキーワードがあれば、日本でもきちんと根付くのではないか」とひらめいたのがきっかけだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  8. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る