大人気「ムンク展」 美術館担当者に聞いた“撮影NG”の理由

公開日: 更新日:

 ノルウェーの画家、エドバルト・ムンクの代表作「叫び」が日本初上陸。上野の東京都美術館で「ムンク展」が開催されている(来年1月20日まで)。芸術的センスは全くない本紙記者も、話題には飛びつきたい。早速、行ってみた。

 “激混み”とされる休日を避け、訪ねたのは平日の昼下がり。5分ほどチケット売り場で並んだが(一般1600円、65歳以上1000円など=当日券)、館内はストレスにならない程度の混み具合。お目当ての「叫び」はエスカレーターを昇った先にあり、目に飛び込んだ瞬間、「おう!」と声にならない叫びが込み上げてくる。

 今回はこの「叫び」のほか、約100点のムンク作品を展示中。子供にはちょっと怖そうな絵もあるが、鑑賞後にグッズ売り場に行くと、「叫び」を真似たポケモンたちが待ち構えていた。湖池屋の「すっぱムーチョ」とのコラボ商品もある。ここで、ふと考えてしまった。著作権はどうなっているのだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る