大人気「ムンク展」 美術館担当者に聞いた“撮影NG”の理由

公開日: 更新日:

 ノルウェーの画家、エドバルト・ムンクの代表作「叫び」が日本初上陸。上野の東京都美術館で「ムンク展」が開催されている(来年1月20日まで)。芸術的センスは全くない本紙記者も、話題には飛びつきたい。早速、行ってみた。

 “激混み”とされる休日を避け、訪ねたのは平日の昼下がり。5分ほどチケット売り場で並んだが(一般1600円、65歳以上1000円など=当日券)、館内はストレスにならない程度の混み具合。お目当ての「叫び」はエスカレーターを昇った先にあり、目に飛び込んだ瞬間、「おう!」と声にならない叫びが込み上げてくる。

 今回はこの「叫び」のほか、約100点のムンク作品を展示中。子供にはちょっと怖そうな絵もあるが、鑑賞後にグッズ売り場に行くと、「叫び」を真似たポケモンたちが待ち構えていた。湖池屋の「すっぱムーチョ」とのコラボ商品もある。ここで、ふと考えてしまった。著作権はどうなっているのだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る