【JR平井駅編】<2>元花街で会ったプロの包丁さばきに脱帽

公開日:

 前回の続きである。JR総武線の平井駅。北口の半ばシャッターを閉めた居酒屋でビールを飲んだ後、駅反対の南口へと向かった。「昔の花街跡がある」と常連客に教えられたからだ。

 駅前にはチェーン居酒屋が軒を連ね、タワーマンションもバベルの塔のごとくそそり立っている。が、駅を背にして1区画ほど歩くと雰囲気は一変。大通りの右側に古びた飲み屋街が広がっていた。

 平井に花街ができたのは昭和の初め。戦前には置き屋45軒、待合30軒以上、料理屋7軒、芸妓250人を数えたという。それが空襲で灰燼(かいじん)に帰し、売春防止法を経て平成前には廃れてしまったらしい。

 歩いてみると、確かに花街の風情は影を潜め、よくある下町のスナック街という趣だ。元料亭とおぼしき和風の建物が2軒、1つは小料理屋、1つは割烹として営業しており“それらしさ”を醸し出している。何度も路地を行き来しながら入る店を物色していると……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る