嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

晴山(三田)岐阜の料亭で修業 仕入れも岐阜の魚屋から

公開日: 更新日:

 オープンして8年目。四季折々の料理が実に楽しい和食界の雄だ。

 店主の山本晴彦さんは栃木県足利市出身。抜きんでた才能もなく、パッとしない少年時代を過ごしていたが、中学2年の時に転機が訪れた。共働きの両親が育てていた家庭菜園に茄子が実っていたので、時間つぶしにひき肉と合わせて煮物を作った。帰宅した両親がそれを食べて大絶賛! 料理で初めて両親を喜ばせることができたのだ。それからは小遣いで料理本を買っては、作る楽しさを覚える。

 この道に進もうと決意し高校を卒業して専門学校に入学。そこに講師としてやって来たのが、岐阜の料亭「たか田八祥」の高田晴之さんだった。他の先生と比べて圧倒的に話が面白く、積極的に質問を投げかけたら、納得いくまで教えてくれる。

「この人のところで修業したい!」と心から思い、卒業後、岐阜での生活が始まる。料理業界は縦社会。山本さんは新人ながら勘がよく、親方からも可愛がられたので先輩にとっては目障りな存在だ。周りからの風当たりが強くなり、もうこれ以上耐えられないと1年勤めたころにトンズラを決行。岐阜から栃木の実家にスゴスゴと帰ると、なんと家の前に高田の親方が立って待ち構えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る