嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

晴山(三田)岐阜の料亭で修業 仕入れも岐阜の魚屋から

公開日:

 オープンして8年目。四季折々の料理が実に楽しい和食界の雄だ。

 店主の山本晴彦さんは栃木県足利市出身。抜きんでた才能もなく、パッとしない少年時代を過ごしていたが、中学2年の時に転機が訪れた。共働きの両親が育てていた家庭菜園に茄子が実っていたので、時間つぶしにひき肉と合わせて煮物を作った。帰宅した両親がそれを食べて大絶賛! 料理で初めて両親を喜ばせることができたのだ。それからは小遣いで料理本を買っては、作る楽しさを覚える。

 この道に進もうと決意し高校を卒業して専門学校に入学。そこに講師としてやって来たのが、岐阜の料亭「たか田八祥」の高田晴之さんだった。他の先生と比べて圧倒的に話が面白く、積極的に質問を投げかけたら、納得いくまで教えてくれる。

「この人のところで修業したい!」と心から思い、卒業後、岐阜での生活が始まる。料理業界は縦社会。山本さんは新人ながら勘がよく、親方からも可愛がられたので先輩にとっては目障りな存在だ。周りからの風当たりが強くなり、もうこれ以上耐えられないと1年勤めたころにトンズラを決行。岐阜から栃木の実家にスゴスゴと帰ると、なんと家の前に高田の親方が立って待ち構えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る