西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

「マアジ」で絶品3品 冷えた水なますで二日酔いが吹っ飛ぶ

公開日: 更新日:

 アジ科の魚は、ブリ属も含む大所帯。その中で一般にアジとは、「マアジ」を指し、料理では基本の魚として扱われることが多い。

 たたきの刺し身、塩焼きに開き干し、アジフライも身近な料理だ。釣りでも人気なのは、食べておいしいからだろう。なにより家族に喜ばれる。 近海の15~20センチ級で、腹が黄金色に輝くと、極上モンだ。昔の釣り船は昼飯時になると、釣ったばかりのアジをたたいて食わせてくれたという(3代目・三遊亭金馬)。 そんな漁師料理に「なめろう」「さんが焼き」「水なます」がある。材料は味噌と長ネギだけ。船にある基本調味料で素早く作ってしまう。

「なめろう」「さんが焼き」「水なます」は、男の料理だ。いじいじとつまむ、酒のサカナだ。食い盛りの子供がかたわらにいたら、一瞬で皿は空になる。

 寝静まったとしてもまな板をトントン叩く音、さんが焼きの香ばしい匂いは、家中を駆け巡る。それで子供が起き出してきたら、独り占めは諦めるしかない。これも晩酌料理の楽しみである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る