厳格表示が追い風に 日本産ワインは世界を席巻できるのか

公開日:

 ワインボトルの裏ラベルに「日本ワイン」と表示されたワインを多く見かけるようになった。これまで明確な基準がなかった国産ワインの表示が、10月30日から日本で栽培されたブドウを100%使用したワインだけ「日本ワイン」と表示できることになったのだ。

 国税庁の「果実酒等の製法品質表示基準」、いわゆるワイン法が日本で初めて施行されたのだ。

「国産ワインにはこれまで国内で栽培されたブドウだけの原料で造ったものと、輸入した原料を使って造られたワインが混在していました。ワインに関する法律はなく、業界の自主基準でやってきましたが、今後は国内産のブドウ100%の“日本ワイン”と、輸入原料や輸入ワインを使い国内で製造した“国産ワイン”とは厳格に区別されます」(国税庁酒税課審査係)

 さらに、ワインの地名は、その産地で収穫されたブドウが85%以上使われている場合に限られる。ワイン法が告示されたのは2015年10月30日。3年間の経過期間を経て18年10月30日から施行となった。山形県上山市のタケダワイナリーでは、40年間親しまれ販売してきた「蔵王スター」ブランドを今年の3月から「タケダワイナリー」シリーズに変えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る