1時間5000円~ 注目の「退職代行」は会社をどう説得するの

公開日: 更新日:

 本人に代わって、会社に退職の連絡をしたり、手続きを行ったりする「退職代行」が注目されている。専門業者も続々と参入していて、メディアにも引っ張りダコだ。各種代行業を行う「サポートワン」の古川めぐみ代表に聞いた。

「ウチは退職代行の専門ではありませんが、以前から少なくありません。理由としては、自分からは言い出せないケースが一つ。退職を申し出ようと思っても、引き留められたり、責められたりするのではないかという不安感に耐えられず、ウチに依頼するのです。もう一つは、退職を申し出ても会社が聞き入れてくれないケース。『代わりの人材がいないから』『急に辞められても困る』などと一方的にゴネられて申し出を聞いてもらえず、『らちが明かない!』と駆け込んでくるのです」

 業者に依頼すると、どんなことをしてくれるのか。

「具体的には、会社に電話します。会社の対応次第では、直接訪問することもある。いずれにせよ、弁護士以外の人が報酬をもらって法律に関わる仲裁や和解の交渉をすると、〈非弁活動〉といって法律違反になるので、慎重に行うことが大切です」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る