飼い主のがんを臭いで感知?シベリアンハスキーが米で話題

公開日: 更新日:

 日本にも臭いでがんの有無を判定するという「がん探知犬」が存在しているが、米国でも、そんな犬が話題になっている。

 米地方紙ジャーナル・センティネル(11月30日付電子版)などによると、その犬は、ウィスコンシン州マディソンに住むステファニー・ハーフェルさん(52)が飼っているメスのシベリアンハスキー「シエラ」。2011年に米空軍勤務の息子が海外に派遣されたため、生後9カ月の時に譲り受けた。

 シエラが最初にがんを“感知”したのは2013年。

 ステファニーさんは下腹部に痛みを感じ、病院に行ったが、問題のない「卵巣嚢胞」と診断された。鎮痛剤を処方され、帰宅したところ、シエラが激しい反応を示したという。ステファニーさんは同紙に、その時の様子を次のように語った。

「あの子(シエラ)は私の下腹部に鼻を押し付け、激しく臭いを嗅ぎました。服に何かをこぼしたのかと思いました。でも、あの子はそれを3回繰り返し、クローゼットの中に隠れてしまったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る