横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

都会暮らしでマイカー所有 分岐点は年間走行距離5000キロ

公開日: 更新日:

 最近、カーシェアリングが注目されています。10分、15分間200円くらいの単位で車を借りることができ、自動車保険もガソリン代も“乗った分”だけお金を払うシステム。

 都心では、マンションの駐車場や、時間貸しの駐車場に設置されているので、自分の家の近くで見たことがある人は多いはずです。

 実際、カーシェアリングの車両台数と会員数は年々右肩上がり。車両ステーション総数は、全国約1万5000カ所、車両台数は約3万台にのぼり、会員数は132万人まで増加中。使い勝手はどんどん良くなっているため、都心部で暮らす人にとっては、コスパはマイカー所有より数段安上がりと言えます。

 改めてマイカー所有のコストを考えてみましょう。

 たとえば、2018年度上半期に一番売れた、日産NOTE(e―POWER X)の場合、車両本体価格は約202万円。税金など、諸経費が約10万円で計212万円です。これをキャッシュで買ったとしても、駐車場代、ガソリン代、任意保険、車検代……がかかる。維持経費は、年間平均50万円を下らないでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る