横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

公開日: 更新日:

 マネー雑誌などで、よく「賃貸」と「持ち家」どっちが得? といったテーマを見かけます。でも、これって、ナンセンス。だって、住宅は家族環境や収入、勤務先の場所などに大きく影響されますし、本人の価値観にも左右されるからです。

 ただ、老後生活を考えた場合、ハッキリしているのは、持ち家派は老後の「住居費はほぼゼロ」、賃貸派は「死ぬまで住居費がかかる」という歴然たる事実です。年金暮らしになって家賃が発生し続けることは、老後破産の最大のリスクになりかねません。

 実は、定年後を見据え、50歳前後で貯金をはたいて中古マンションを購入する独身サラリーマンが増えているそうです。老後破産対策のひとつといっていいでしょう。

 ここに、50歳で郊外の中古マンションを買ったAさんと、都心で気ままな賃貸暮らしを続ける同年齢のBさん、2人の独身男性がいます。Aさんは60歳の定年時に退職金でローンを完済。仮に80歳まで生きるとして、Aさんの定年以降の20年間の住居費は、修繕費程度の負担はあるものの、家賃はゼロです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  6. 6

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  7. 7

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  8. 8

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る