曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

餃子日和(和歌山)餃子ごとにタレを替えて味わい楽しむ

公開日: 更新日:

「健康的なのと、食べ飽きないようにと、『元祖餃子』は野菜たっぷりの具にしています」

 大野さんの話によると、野菜と肉が2対1の割合で、野菜の水が出すぎないようにうまくした処理しているそうだ。一方、極撰黒豚餃子は、豚肉を多くしたもの。こちらはニンニクが入っていないが、生姜と山椒を利かせている。親戚が湯浅醤油ということもあって餃子ごとに醤油を替えているのも特徴。元祖餃子には樽仕込み醤油を、極撰黒豚餃子にはカレー醤油を、エビ餃子は柚子梅つゆをすすめている。「タレがいろいろと楽しめるから味わいも変わるので好評です」と大野さん。各醤油はテーブル上に置いてあり、個々が酢醤油などを作って漬けダレにするようになっている。

(住)和歌山市太田1―9―6 356ビル2階(℡073・473・9473)
(営)16~24時。火曜定休日

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る