曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

大衆焼肉ホルモン やまだ(JR三田)上質な三田和牛を提供

公開日: 更新日:

 JR三田駅前にど派手な焼肉屋がある。焼肉の唄が四六時中流れ、道行く人が足を止める。「大衆焼肉ホルモン やまだ」が開店したのは、昨秋。地元出身の実業家・福西文彦さんが企画したが、なぜ店名が福西ではなく、「やまだ」としているのか。ここにひとつつ挿話がある。福西さんと、J-POPユニット「ET-KING」のリーダー・いときんは旧知の仲。2人は三田出身で有馬高校の先輩後輩にあたり、ホルモン好きのいときんといつか一緒に焼肉屋をやろうと誓っていた。ところが昨年死去してしまい夢はかなわなかった。福西さんはいときんとの夢を具現化すべく、店名をあえていときんの本名(山田祥正)から「やまだ」にした。

 同店は若い人から年配まで気軽に焼肉を食せるようになっている。一番人気の肉盛りやまだは、牛カルビ・牛ホルモン・豚肉・鶏肉が200グラムほど盛られていてボリュームがある。おまけに価格が1280円とリーズナブル。福西さんによると肉盛りやまだと中ご飯、烏龍茶なら2000円にならないので、そんな楽しみ方をする人が多いらしい。「焼肉屋には珍しく、ご飯に力を入れています。3種類の米をブレンドし、焼肉に合うご飯に仕上げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る