曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

大衆焼肉ホルモン やまだ(JR三田)上質な三田和牛を提供

公開日: 更新日:

 JR三田駅前にど派手な焼肉屋がある。焼肉の唄が四六時中流れ、道行く人が足を止める。「大衆焼肉ホルモン やまだ」が開店したのは、昨秋。地元出身の実業家・福西文彦さんが企画したが、なぜ店名が福西ではなく、「やまだ」としているのか。ここにひとつつ挿話がある。福西さんと、J-POPユニット「ET-KING」のリーダー・いときんは旧知の仲。2人は三田出身で有馬高校の先輩後輩にあたり、ホルモン好きのいときんといつか一緒に焼肉屋をやろうと誓っていた。ところが昨年死去してしまい夢はかなわなかった。福西さんはいときんとの夢を具現化すべく、店名をあえていときんの本名(山田祥正)から「やまだ」にした。

 同店は若い人から年配まで気軽に焼肉を食せるようになっている。一番人気の肉盛りやまだは、牛カルビ・牛ホルモン・豚肉・鶏肉が200グラムほど盛られていてボリュームがある。おまけに価格が1280円とリーズナブル。福西さんによると肉盛りやまだと中ご飯、烏龍茶なら2000円にならないので、そんな楽しみ方をする人が多いらしい。「焼肉屋には珍しく、ご飯に力を入れています。3種類の米をブレンドし、焼肉に合うご飯に仕上げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る