東京駅八重洲口から歌舞伎座経由で銀座の画廊巡り

公開日: 更新日:

 東京駅は1日の平均乗降人員が約100万人以上。プラットホームの数は日本一の駅です。今日はココからスタート。

 八重洲中央口を出て八重洲地下街へ下ります。通称、“ヤエチカ”。グルメ、ファッション、生活雑貨など約180の店舗が集まる日本最大のショッピングモールです。

 センタースポットという場所に、知る人ぞ知る“幸運の仔豚像”と呼ばれる鼻がピカピカのブロンズ像があります。イタリア・フィレンツェのウフィツィ美術館にあるイノシシの大理石像を模したもので、“鼻をなでると幸せになる”との言い伝えがあり、私もなでなで。いいことあるかな?

 地上に出て、編集者時代に毎日のように通った八重洲ブックセンターへ。さまざまな思い出がよみがえり、しばし感傷に浸ります。1階でざっと平積みの新刊を眺めたあと、京橋の警察博物館(入館無料)へ向かいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事