新1万円札の顔 渋沢栄一が明治近代化に尽くした本当の理由

公開日: 更新日:

 1万円札の新たな顔に決まった日本資本主義の父・渋沢栄一。彼は徳川慶喜に尽くした徳川の遺臣であり、実は慶喜を退けて樹立された明治政府に強い敵愾心を抱いていた。

 江戸から明治に時代が変わる際、渋沢はフランスのパリに滞在中だった。帰国すると江戸から静岡に国替えとなった徳川家に赴き、理財の才を発揮して徳川家の苦しい財政を大いに潤した。

 これに目を付けたのが人材難に苦しむ東京の明治政府で、渋沢を引き抜こうとする。

 だが彼は出仕要請を断固として拒絶。徳川幕府を倒した政府に仕える気になれなかったからだ。しかし政府から督促を受けて板挟み状態だった徳川家の立場に配慮し、やむなく東京に出た。30歳の時である。

 大蔵省の官僚となった渋沢の最初の職務は租税の徴収だったが、やはり気が進まず、大蔵省を取り仕切る大隈重信に辞意を伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

もっと見る