上野から湯島天神へ 文豪に触れる散歩の締めは“かつ飲み”

公開日: 更新日:

 お花見の宴も、一段落した日、JR上野駅広小路口前に立ちました。「あゝ上野駅」の歌碑があります。東京オリンピックが行われた昭和39年5月に発売された、井沢八郎の大ヒット曲(100万枚)。団塊世代にとっては懐かしの一曲でしょう。

 この曲を口ずさみながら上野恩賜公園へ。シンボル的銅像の西郷隆盛像を見上げます。相変わらず外国人観光客が目につきますね。歩を進めると正岡子規記念球場(子規が学生時代に上野公園で仲間と野球を楽しんだことから平成18年に命名)があります。子規は元野球バカだったようで平成14年に野球殿堂入りを果たしています。

 東京芸術大学の前を通り、清水坂を下り、森鴎外旧居跡(水月ホテル鴎外荘)を見て不忍池に出ます。岸辺に茶色の「駅伝の碑」を発見。大正6年に、京都と東京間(508キロ)、23区間で行われ、これが駅伝の始めとされる――とありました。勉強になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る