靴磨きのプロが伝授する「鏡面仕上げ」の極意と誤解

公開日: 更新日:

 GWも残り2日。そろそろ“社会復帰”の準備をしてもよいころだ。オススメが「靴磨き」。普段は忙しくてサボっていることも、「時間がある時にやれば楽しみになります。コーヒーでも飲みながら、のんびりやってください。気分がリフレッシュして、靴の仕上がりも違いますよ」と言うのは、英国の有名シューケアブランド「M・モゥブレィ」を展開するR&D社長の静さん。靴磨きのプロに靴磨きの極意を伝授してもらおう。

■必要な道具

 まずどんな道具が必要か。靴屋に行くといろいろあるが、最低限必要なのは「シューキーパー」「水性クリーナー」「ブラシ」「靴クリーム」だそう。

「シューキーパーはシューツリーともいい、木製の靴型、いわば靴用のハンガーですね。これを使うと靴の反り返りが防げますし、湿気を吸ってカビが生えにくい。靴磨きの時も作業しやすくなりますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る