嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

全国に40店舗「天ぷらつな八」の屋号は当初“網八”だった

公開日: 更新日:

 新宿東口に本店がある天ぷらつな八は全国に40店舗を構えている。3代目社長の志村さんとは食の会を通じて15年ほどのお付き合いになる。年に4回、つな八の別館の「つのはず庵」で友人主催の四季折々の天ぷらとワインを合わせる会が開催されており、スケジュールが合えば楽しみにうかがっている。

 揚げたての旬の食材を箸で切ると、衣をまとった素材から香ばしい湯気がフワッと香る。ワインの酸と天ぷらの油がとてもよく合うのだ。

 もともとは魚屋さんの次男だったおじいさんが、おでん屋や割烹、キャバレーなど、いろいろやってみた末に大正13年に創業。実家が魚屋であることを生かして、生けの車エビや穴子をその場でさばいて即座に揚げる手法が評判になった。

 実は当初の屋号は網八だったという。おじいさんが達筆で看板に網八と書いたのを見たお客さまが読み間違えて、つなはちと呼ぶようになった。ならば、綱のようにみんなを束ねていこうということで“綱八”になったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る