嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

デビュー35周年&還暦バースデー さながら笑いと食の祭典

公開日: 更新日:

 3月25日に目黒雅叙園で「デビュー35周年&還暦バースデーを祝う会」を開いてもらいました。さながら、音楽と笑いと食の祭典の様子をご報告します。

 開会宣言の後、デビューから現在までをまとめたVTRが流れ、満寿泉で鏡開き。乾杯はアミューズの大里会長の音頭に乗せて、シャンパーニュ ガティノワで。最初のお料理は浅草龍圓の栖原シェフによるホタルイカ ペースト入りシュウマイと仙台KUROMORIさんの宮城県産の食材で作った春巻き。

 続いて銀座寿司幸本店の杉山さんが登場し、握りに合わせて僕が「なごり寿司」を歌い、お酒は満寿泉、天狗舞と獺祭が。CBCゴゴスマの石井アナウンサーと時事ネタ掛け合いで盛り上げていると、続いて、鳥しきと串の坊のコラボで鶏のいろんな部位を揚げたスペシャルメニュー。白ワインはラフィネ、横浜君嶋屋と千商さんのご提供。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る