松本圭司
著者のコラム一覧
松本圭司美薄毛研究家

1973年、神戸市生まれ。慶応大学環境情報学部卒業、神戸大学大学院修了(MBA)。20代後半から頭髪が後退し、コンプレックスを抱く。2016年にハゲの人が自信が持てるライフスタイルを提唱する「カルヴォ」を設立。近著に「ハゲを着こなす」(WAVE出版)がある。

“薄毛=モテない”は都市伝説 73%の女性が「似合えばOK」

公開日: 更新日:

 これだけかけて、実は女性に嫌われているのはいかがなものだろうか。 広告代理店に勤めるAさん(42)は結婚式前日にバッサリと短髪にした。Aさんがこう言う。

「20歳の浪人時代にはハゲの仲間に足を突っ込んでいました。帽子をかぶるようになり、地下鉄のホームでは柱の陰で風をやり過ごす。ポケットには常にコンパクトブラシを携帯。トイレを見つけるたびに薄くなっている部分の補修をしていました(笑い)。だから、結婚式は憂鬱以外の何物でもありません。試着現場でも帽子をかぶっていたくらいですから」

 そんなとき彼女の口から「髪の毛をバッサリ切ってきたら。所ジョージみたいに」の一言。

「やってみると『似合う、カッコええやん』でした」

 と当時を振り返る。Aさんはこのことで百八十度人生が変わり、「曇天が一瞬で晴天になった、あの日の感覚を、いまハゲや薄毛と闘っている人に教えてあげたい」とエールを送る。

 (構成=中森勇人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る