“遠山の金さん”のお墓に手を合わせつつ渋沢栄一資料館へ

公開日: 更新日:

 今回は、“おばあちゃんの原宿”と呼ばれる、巣鴨地蔵通りからスタート。ちょうど、「4」の付く日が縁日だったので、屋台がズラリと並び、とても賑やか。おばあちゃんだけでなく、おじいちゃんも若者も、そして外国人も交じって大混雑。歩くのも大変でした。

 とげぬき地蔵がある高岩寺は何度も訪れ、境内の洗い観音も知っているので、門前まで行き路地を抜けて白山通りに出ます。

 遠山の金さんのお墓がある本妙寺、芥川龍之介のお墓がある慈眼寺を訪れ(静寂!)、桜の古木に囲まれた歴史ある染井霊園(所属している俳句結社「馬酔木」の水原秋桜子先生のお墓参りをしたことを思い出しました)の脇を通り、旧古河庭園へ。

 入園料は150円。リュックを背負った高齢者100人ほどの団体がいてびっくり。年寄りの遠足や! と心の中で叫びます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る