“遠山の金さん”のお墓に手を合わせつつ渋沢栄一資料館へ

公開日: 更新日:

 今回は、“おばあちゃんの原宿”と呼ばれる、巣鴨地蔵通りからスタート。ちょうど、「4」の付く日が縁日だったので、屋台がズラリと並び、とても賑やか。おばあちゃんだけでなく、おじいちゃんも若者も、そして外国人も交じって大混雑。歩くのも大変でした。

 とげぬき地蔵がある高岩寺は何度も訪れ、境内の洗い観音も知っているので、門前まで行き路地を抜けて白山通りに出ます。

 遠山の金さんのお墓がある本妙寺、芥川龍之介のお墓がある慈眼寺を訪れ(静寂!)、桜の古木に囲まれた歴史ある染井霊園(所属している俳句結社「馬酔木」の水原秋桜子先生のお墓参りをしたことを思い出しました)の脇を通り、旧古河庭園へ。

 入園料は150円。リュックを背負った高齢者100人ほどの団体がいてびっくり。年寄りの遠足や! と心の中で叫びます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る