幕末の政変に思いを馳せつつ世田谷線沿線を春歩き

公開日: 更新日:

豪徳寺→三軒茶屋

 今回は招き猫で有名な豪徳寺へ。最寄り駅の小田急線豪徳寺駅は、すっかりキレイになっていました。昔、私が「漫画サンデー」編集部にいたとき、故・杉浦幸雄氏(当時で90歳を越えておられました)を担当し、週に1回、豪徳寺駅で降り赤堤のご自宅へ行き、ギリギリの画稿2ページの完成を待っていました……。

 そんなことを思い出しながら商店街を抜けて、豪徳寺に到着。招き猫人気で若い女性グループや外国人の姿も。お土産に招き猫キーホルダー(500円)を購入。「桜田門外の変」で水戸藩士らによって暗殺された井伊直弼ら井伊家の墓所も見学します。隣接する世田谷城阯(じょうし)公園にも立ち寄ります。吉良氏の居城でしたが豊臣秀吉の小田原攻めの際、落城した――とありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る