AIの誤判断で交通違反の“冤罪” 中国監視社会の恐怖?

公開日: 更新日:

「ながら運転」なんかしていない!

 中国紙「環球時報」(5月22日付電子版)などによると、5月21日、中国・山東省済南市に住む、ある男性のもとに、済南交警(済南市公安局交通警察支局)から交通違反の通知メールが届いた。

 20日午前7時ごろ、済南観光道路と香港道路の交差点を運転していた時に、携帯電話をかけていたとして、罰点2に加えて罰金50元(約800円)を科すという内容で、監視カメラが捉えた“証拠写真”が添付されていた。

 確かに一見、ながら運転しているように見えるが……肝心のスマホが写っていない。実は、運転をしながらちょっと顔をかいただけだったのだ。

 人間なら見誤るはずはないが、これを判断したのは済南交警が導入したAIだった。

 男性がこの写真と経緯を、中国版ツイッターの「微博」に投稿すると、急拡散。主要メディアにも取り上げられ、注目を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る