リーダー型は引かれる “相手の意見に耳を傾ける”が理想

公開日: 更新日:

 リクルートマネジメントソリューションズ「2019新入社員意識調査」によると、今年の新人が上司に期待するもののトップは「相手の意見や考え方に耳を傾けること」(49%)だった。

 もっとも、彼らにとって何も特殊な考え方ではなく、文科省・学習指導要領(07年改定)にそう書かれており、それで教育されてきた彼らには当然の価値基準となっている。一方、同アンケートでは「言うべきことは言い、厳しく指導」「周囲を引っ張るリーダーシップ」タイプの上司は過去最低を記録した。

 明治安田生命の「理想の上司」像からも同じ傾向が読み取れる。今年のトップは内村光良で、2位がムロツヨシ。親しみやすさ、面白さが特徴だ。10年前がイチローやオバマ前米大統領が上位だったことを思えば、今の新人は強いリーダーシップを求めていない。

「彼らは、個性尊重・非競争の教育で、他人と違うことが良いとされて育ちました。問題解決の際も、集団で対話しながらより良い正解を求める傾向があります。そのため今の上司は、答えは言わずに考える視点だけを提示するフラットな問いかけが必要になってきます」(リクルートマネジメントソリューションズの桑原正義主任研究員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る