リーダー型は引かれる “相手の意見に耳を傾ける”が理想

公開日: 更新日:

 リクルートマネジメントソリューションズ「2019新入社員意識調査」によると、今年の新人が上司に期待するもののトップは「相手の意見や考え方に耳を傾けること」(49%)だった。

 もっとも、彼らにとって何も特殊な考え方ではなく、文科省・学習指導要領(07年改定)にそう書かれており、それで教育されてきた彼らには当然の価値基準となっている。一方、同アンケートでは「言うべきことは言い、厳しく指導」「周囲を引っ張るリーダーシップ」タイプの上司は過去最低を記録した。

 明治安田生命の「理想の上司」像からも同じ傾向が読み取れる。今年のトップは内村光良で、2位がムロツヨシ。親しみやすさ、面白さが特徴だ。10年前がイチローやオバマ前米大統領が上位だったことを思えば、今の新人は強いリーダーシップを求めていない。

「彼らは、個性尊重・非競争の教育で、他人と違うことが良いとされて育ちました。問題解決の際も、集団で対話しながらより良い正解を求める傾向があります。そのため今の上司は、答えは言わずに考える視点だけを提示するフラットな問いかけが必要になってきます」(リクルートマネジメントソリューションズの桑原正義主任研究員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る