SNSは年中無休 “コメントマウンティング”から妻を救う方法

公開日: 更新日:

 フェイスブックやインスタグラム、LINEなどのSNS。仕事の連絡や情報交換などに「なくてはならない」というサラリーマンも多いだろう。だが、SNSの世界で近ごろ問題になっているのが「コメントマウンティング」。そう、2014年に沢尻エリカ主演のドラマ「ファーストクラス」で描かれた、上下関係の格付け争いのことだ。ITジャーナリストの高橋暁子氏はこう言う。

「コメントマウンティングの特徴は、他人の投稿に対して“羨ましい”とか“自分なんて”と自分を卑下してみせながら、実は自分の方が上だと主張するところです。例えば家族で遊園地に行ったという投稿に対して、“いいな、うちは旦那が海外出張ばかりで忙しくてどこにも行けない”など、暗に自分の夫の方が稼ぎが良くて裕福だと自慢するのです」

 あからさまに否定されたら反論もできるが、あくまでも“羨ましい”という体だからタチが悪い。コメントされた方は、自分が見下されているようで嫌な気分になるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る