黒川伊保子さん<3>AIが美人司書をイメージしたと気付いた

公開日: 更新日:

 1991年4月1日に全国の原子力発電所で日本語の文字ベースで対話しながらデータを検索できるコンピューター「司書AI」が稼働した。プロジェクトリーダーの黒川さんは、最初の1年を対話についての研究に費やし、その後1年かけてシステムを開発した。

「取引先との発注仕様書に『35歳美人司書との会話にしてください』とメモがあって、“彼女”はどんな会話をするんだろうって悩みました。私は20代でしたから、会話の進め方や相づちの入れ方などを想定しながら作っていきました」

 その彼女(AKINA)にある時、クレームがついたという。

「質問が重なった時に『はい』が重なるからです。人間なら、『ええ』『そうですね』など相づちにバリエーションがありますが、AKINAは何度も『はい』と繰り返すので、受け手が冷たいと感じてしまうというのです。この時はうなずきに対して、『ええ』や『そう』などバリエーションを用意し、ランダムに使えるようにしましたが、この使い分けに関しては今後の課題になりました。人間が人工知能と対話して信頼を築くためには語感を解明して人工知能に理解させることが必要だと感じました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る