Z世代が職場での「助け合い」を重視するのは大震災の影響

公開日: 更新日:

 ジェネレーションZが職場に求めていることの上位は、「お互いに助けあう」「お互いに個性を尊重」。この2つが過去最高となった。

 リクルートマネジメントソリューションズ「2019新入社員意識調査」によると、Z世代(1995~2002年生まれ)は鍛えあう集団より、“個性”を尊重しながら、助けあいを好む傾向にあった。

 反対に10年前の同調査との比較では、「活気がある」「目標を共有している」「お互いに鍛えあう」職場をいいとする回答は過去最低を記録している。幼い頃、アメリカ同時多発テロや東日本大震災を目の当たりにし、個人ではどうにもならないことを心に刷り込まれているのもあるだろう。協働意識が強く、他人を蹴落としてでも出世したい人は少ない。

「これらも背景にあって、今の新人は相手の心情をおもんぱかることにはたけています。ただ、自分基準の考えが強いあまり、相手より先回りして物事を始める傾向がある。社会人になれば自分基準ではなく相手基準になりますから、必ず先方に連絡し、意向を確認するよう教育していく必要があります」(リクルートマネジメントソリューションズの桑原正義主任研究員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る