嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

「四谷三谷」ブレない酒と極上素材との“魂のマリア―ジュ”

公開日: 更新日:

 四谷三谷。最長で4年半待ちの寿司屋だ。三谷さんの飽くなき研鑽の先に現在がある。

 千葉県銚子市生まれ。お母さんは水産加工場で働いていて、3時のおやつは鰹のつくだ煮だった。ショートケーキが食べたかったと幼少期を振り返るが、やはり魚の道へ進むことになる。大手の寿司屋に始まり百貨店の店舗で職人として働く。ゆくゆく独り立ちしたなら個性を打ち出そうというイメージを熟成していった。

 そして30代半ばで四谷に自分の城を持ち、数年で軌道に乗った。その仕事はたとえばボタンエビの上にカニみそと、さらにウニをのせるというような、いわゆる足し算が多かったように思う。僕は2010年前後にほぼ毎月通っていたが、5年ほどご無沙汰していた。久しぶりに伺うと洗練された変貌ぶりに驚いた。

 三谷さん自らフランスへワインの買い付けに行くようになり、日本酒の蔵にも足を運び、仕入れのルートが確立していた。お酒はほとんど飲めない三谷さんだから、少し口に含んで魚と合わせるマリアージュを考える。それが的確でブレておらず、三谷ワールドは完成の域に達していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る