嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

「四谷三谷」ブレない酒と極上素材との“魂のマリア―ジュ”

公開日: 更新日:

 四谷三谷。最長で4年半待ちの寿司屋だ。三谷さんの飽くなき研鑽の先に現在がある。

 千葉県銚子市生まれ。お母さんは水産加工場で働いていて、3時のおやつは鰹のつくだ煮だった。ショートケーキが食べたかったと幼少期を振り返るが、やはり魚の道へ進むことになる。大手の寿司屋に始まり百貨店の店舗で職人として働く。ゆくゆく独り立ちしたなら個性を打ち出そうというイメージを熟成していった。

 そして30代半ばで四谷に自分の城を持ち、数年で軌道に乗った。その仕事はたとえばボタンエビの上にカニみそと、さらにウニをのせるというような、いわゆる足し算が多かったように思う。僕は2010年前後にほぼ毎月通っていたが、5年ほどご無沙汰していた。久しぶりに伺うと洗練された変貌ぶりに驚いた。

 三谷さん自らフランスへワインの買い付けに行くようになり、日本酒の蔵にも足を運び、仕入れのルートが確立していた。お酒はほとんど飲めない三谷さんだから、少し口に含んで魚と合わせるマリアージュを考える。それが的確でブレておらず、三谷ワールドは完成の域に達していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る