嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

「いちかわ」若主人は地道にコツコツとあら輝イズムを継承

公開日: 更新日:

 白金高輪に2017年に移転開業した寿司の「いちかわ」のご主人、市川克海さんは39歳。派手なパフォーマンスをするタイプではないし、口数も決して多くはない。地道にコツコツとやり続け、しっかりとした重厚な花が咲いた。

 今やロンドンでミシュランの3つ星を取った「あら輝」さんが、まだ世田谷の上野毛にあった時に彼は入ってきた。その前は京都の和食の名店、菊乃井で6年。修業中のある日、訪れた寿司割烹の大将がひとりで切り盛りする姿に憧れ、寿司を学びたいとあら輝の門を叩いた。僕はその数年前からあら輝に通っていて大好きな職人さんだが、弟子との関わりが独特で、ことごとく反目してしまう。

 しかし、気まずく辞めた弟子たちがその後大成功するという実に不可思議な一門なのだ。市川さんは親方の右腕として着実に力を付けて4年。今回こそは円満に独り立ちするはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る