対話を通じて考えを深掘り「哲学カフェ」が静かなブーム

公開日: 更新日:

 土曜日の午後3時、東京・神保町のカフェ。コーヒーを手に、参加者たちはこの日のテーマ「思いやり」について、次々と発言していく。「思いやりは、お節介と表裏一体だと思う」「思いやりと、同情やあわれみとの違いは?」「反射的に人を助けるのは、正義感なのか、思いやりなのか?」

 発言が途切れることはなかった。

 今、静かなブームがきているという、「哲学カフェ」でのひとコマだ。大学で哲学を勉強したいと考えている女子高生から、8年前から常連の87歳男性まで、13人が集まっていた。

 哲学カフェは、「街中での哲学対話」といわれる。哲学対話とは、進行役がいて、テーマを設け、その場にいる人たちが話して聞いて考える、というシンプルな手法。結論は出さないし、出ない。

 進行役が提示したルールは3つだけ。何を言ってもいい、ただし他人の悪口はダメ、自分からも「問い」を出してほしい、というものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る