「味の民芸フードサービス」社長 大西尚真さんの巻<3>

公開日: 更新日:

會水庵(東京・赤坂)

 田舎もんなんで、赤坂という響きを耳にするだけで、どこか高揚するような気分になります。周りの食通に聞いたり、自分で調べたりしてこちらのお店を知ってからは、より一層、襟を正さなければ、という気持ちになる。それくらいおいしくて、勉強になるお店なんです。

 赤坂通りを乃木坂方面に歩いて、赤坂5丁目交番手前の路地を左へ。マンションの1階にある和食割烹です。6人掛けのカウンターと小上がりのこぢんまりとしたつくり。赤坂の中心部から少し離れているせいか、落ち着いた雰囲気です。

 お昼どきの正午すぎに店に着くと、すでに近隣のサラリーマンやOLさんが10人ほど列をつくっています。お店の定番は、「焼いわしどんぶり」(1200円)と「焼穴子どんぶり」(1200円)です。いわしや穴子が焼けて、炭火の香りが鼻をくすぐります。それだけで、ご飯がいただけそうなほど、いい香り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る