「まんぷく」など展開 テイクファイブ遠山和輝社長の巻<5>

公開日: 更新日:

ほさかや(東京・自由が丘)

 夏の土用の丑の日にウナギを召し上がる方は少なくないでしょう。そういう私も、ウナギが大好物です。土用は、四季にそれぞれあって、今は春の土用の終盤。そんなわけで、私の最終回は、ウナギ屋さんをご紹介しましょう。

 自由が丘駅北口から都立大学駅方面に歩いて1分。16時の開店前にはいつも行列ができていますからすぐに分かります。歴史を感じさせる木造2階建て。かば焼きのいい香りが路地の入り口まで立ち込めていれば、営業の印です。その香りに誘われて、ガラスの格子戸をのぞき込むと、大賑わい。

 ランチは、丼(1500円)とお重(2900円)がありますが、夜は飲み屋でご飯なし。実はウナギの串焼きと一品料理で酒を飲む飲み屋さんなんです。コの字形のカウンターは連日、常連サンで埋め尽くされています。

 まずは瓶ビール(大650円)でしょう。アサヒとキリンがあります。煮こごりと、う巻き、八幡巻きの3点盛りやレバーの酒蒸しなどをつまみながら串焼きを待ちます。どれも300円とか400円ほどですから懐に優しい庶民価格。

 レバーの酒蒸しは素材を余すことなく使う串焼き屋さんならではです。もちろん、手抜きは一切なく、ポン酢をかけて口に運ぶとしみじみとおいしい。煮こごりは、出汁がいいあんばいで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る