スポ根はもう古い?スポーツ庁が推奨する「ゆる部活」とは

公開日: 更新日:

 “♪苦しくたって悲しくたってコートの中では平気なの”。たとえ女子生徒がそう言ったとしても、ガムシャラにレシーブ練習を反復させて行わせたら、スポーツ庁の部活動ガイドラインでは完全にアウトになってしまう。

 要するにスポ根の否定なのだが、最近、同庁が推奨しているのが、「ゆる部活」だ。小学校の部活は「楽しく」、中学校は「生徒の自主的、自発的な参加」が基本。具体的には週2回以上の休み、季節ごとの異なるスポーツ、競技志向でなくレクリエーション志向で行う活動を良しとしている。

 昭和の部活生にとっては隔世の感だが、実際のところ親世代の「ゆる部活」の認知度は極めて低い。栄光ゼミナールの保護者アンケートによると、「ゆる部活」を知っている親は17%しかいなかった。いったいどんな部活があるのか?

 スポーツ庁が参考に挙げるのは、前半が生徒がやりたい球技、後半はドッジボールを行う都内の中学校、月1回、「ヨガ」をやる神奈川県の高校など。他にも、ボクササイズやジョギングなどがある。勝利を目指さず、生徒が自分のペースでやる部活だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る