ダンディ坂野さん 看護婦の母が2カ月に1度作るオムライス

公開日: 更新日:

 懐かしのおふくろの味っていうと、思い出すのはオムライスですね。

 今風のオシャレなカフェや洋食店で提供してるトロットロの卵焼きではなく、昭和の喫茶店でよく見かけた薄焼き卵でクルリと巻いたもの。

 中身はタマネギとプレスハムのミジン切りを混ぜたケチャップライスでした。ニンジンやピーマンがあれば、それらも刻んで入ってたように思うけど、もっぱらシンプルな感じ。グリーンピースはなかったです。そんなオシャレなのは、やはりちゃんとした飲食店で食べる時だけでしたね。

■ポイントは「焦げ」

 僕が生まれたのは石川県の小さな町でしたし、小中学生の頃って、そもそも自宅にグリーンピースの買い置きなんて、なかったですから(笑い)。


 それでも忘れられないのは、ケチャップライスに秘密があったと思います。少し焦げてるのがポイントでね。パリッとしてお焦げならではの甘味もあって凄くおいしいんです。食感のアクセントにもなってるし、多めに入ってたりすると、まさに「ゲッツ!!」(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る