多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

ニセ旅行業者が横行 やっぱり出てきた“東京五輪便乗詐欺”

公開日: 更新日:

 オリンピックをかたる詐欺が横行している。最近もSMSを使って個人情報を盗む詐欺が発覚したばかり。大会組織委員会は「ハガキや電話やSMSなど他の方法で抽選結果をお知らせすることはありません」と注意を呼び掛けているが、今後もこういった詐欺がなくなることはない。

「東京オリンピックの入場券を優先的に購入できるハガキやパンフレットが届いていませんか」

 旅行代理店をかたる業者から電話がかかる。詐欺師はあらかじめ、「SS席のチケットが1枚12万5000円」というハガキや封書を届けており、しかも封書の場合、サイズを大きくし、緑や黄色の目立つ色にしている。

 封書を見つけた家人に業者は「あなたは選ばれた方ですね。ぜひとも、チケットをお申し込みいただき、お譲りください」と促す。さらに、「当社で3倍の価格で買い取ります」とダメを押す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る