意外に少ない?東京五輪チケットを申し込んだ人は7人に1人

公開日: 更新日:

 来夏(7月24日~8月9日)に開催される東京五輪のチケット申し込み(5月9~29日)の抽選結果が20日、発表された。

 職場や行きつけの店では「当たった。楽しみだよ」「いっぱい申し込んだのに、全部落ちた」など一喜一憂する声が聞こえ、五輪への期待感を肌で感じた人も少なくなかったのではないか。

 芸能界でも、元HKT48の指原莉乃(26)がどの競技かは不明だが、ツイッターで「当たってたー!」と報告。東尾理子(43)に至っては「主人と息子が行きたかった、サッカー決勝と、野球の準決勝が当たった!!!」とブログで喜びをあらわに。「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)はMCを務める情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)でクレー射撃のチケットに落選したことを明かし、「おかしいと思う」と心境を吐露した。

 話題を一身に集めた東京五輪チケットの当落だが、実際にどれぐらいの人が東京五輪に興味があるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る