仮想通貨詐欺「購入権利書を譲ってほしい」の電話

公開日: 更新日:

 普通のサラリーマンでもよくわからない「仮想通貨」。お年寄りはなおさらだ。しかし、仮想通貨を悪用した劇場型勧誘が、すでに国民生活センターに報告されている。

 70代の無職女性の家に届いた一枚の黄色い封筒。中にはパンフレットと案内状が入っていた。すると、A社を名乗る男から電話が。

「封筒の中身は今後、何倍にも上がることが予想されるB社の仮想通貨の購入権利書。ぜひ譲ってほしい」

 よくわからないので電話を切ったが、その後もしつこくかかってくる。根負けして「権利を売る」と言うと、A社の男は「仮想通貨がどれくらい残っているか不安。B社に確かめてくれ」と言う。その通りB社に電話すると「残りわずか。急いだ方がいい」。それを伝えるとA社は「権利書を待っていては間に合わない。後で高値で買い取るから、とりあえず仮想通貨を買ってくれ」とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る