嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

四川料理「蜀郷香」炒飯と麻婆で奥深い麻辣の海にこぎ出す

公開日: 更新日:

 四谷荒木町にある四川料理の蜀郷香。いつうかがっても、新たな料理を出してくれる大好きな店だ。フィナーレは毎回定番の四川春雨、麻婆豆腐と四川炒飯。炒飯と麻婆を口腔内で合わせると、複雑な奥深さとなって舌と脳みそは昇天する。その辛さでしびれた舌を復活させてくれるのはロゼワインがベストだと思っている。そして再び麻辣の海にこぎ出すのだ。

 秋口になると火鍋のシーズンの到来だ。鴨をビールで煮込んだスープ、薬膳白湯と激辛麻辣の3種のスープをこだわりの具材を泳がせながら行き来するのが楽しい。

 シェフの菊島弘従さんは40歳。和食や広東料理を経て、20歳の時に四川料理界の巨匠、趙楊氏に師事する。料理長に就任した後に独立し、もうすぐ10年になる。フロアは6歳年下のマダムが切り盛りする。年に1度シェフとマダムは本場四川へ。食材や香辛料を調達し、スーツケースにパンパンに詰めて帰国する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る