垣屋美智子
著者のコラム一覧
垣屋美智子株式会社HAM代表

株式会社HAM代表。日本生まれ香港育ち。香港で高校を卒業したのち、単身渡米、カリフォルニア大学バークレー校卒業。株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)で役員秘書としてキャリアをスタート。2006年から2016年まで外資系証券会社、外資系運用会社にて株式アナリストとして、テクノロジー企業の業界調査や業績分析に従事。その後、株式会社HAMを創業、代表取締役に就任。経営者や中小企業向けにアセットアドバイザリーを行う。現在はスタートアップ企業の財務・経営支援をするほか、事業分析力と会計知識を生かし、「誰でも今すぐできる」をテーマにマネー、ライフ、キャリアについて執筆、講演も行なっている。メルマガ:垣屋美智子の「キイトク」 インスタグラム:https://www.instagram.com/michikokakiya/

アンティークの機械式腕時計はなぜ価値が高いのか?

公開日: 更新日:

 次に、需給のバランスですが、スマートウォッチとクオーツ腕時計は大量生産が可能なので供給不足になることはありません。そのため、経年変化により価値も徐々に落ちていくと考えられます。これに対して、アンティークの高級機械式腕時計は、供給が「限定的」で、需給のバランスを考えれば、その価値は維持されると想定できます。むしろ、そのアンティークの時計のブランドが再評価されれば、中古だとしても価値が上がっていくことさえあり得ます。

 このように、モノの耐用年数と将来の需給のバランスをもとに、客観的にモノを見るとどれに資産価値があるかがわかります。

 さて、それでは、資産価値に納得ができたとして、あなたはどれを買いますか。

 私なら、お金に余裕があればスマートウォッチを買い、お金に余裕がないのであれば機械式腕時計を買うと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  9. 9

    ハンバーガーを求めて大行列! 最大「14時間待ち」の仰天

  10. 10

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

もっと見る