その医療保険ほんとに必要?「保険のムダ」を見分ける方法

公開日: 更新日:

 人生で最大の買い物がマイホームならば、生命保険や損害保険などの保険商品は、人生で2番目の買い物だ。

 個人年金保険を含む生命保険の世帯加入率は88.7%。9割近い世帯が何らかの生命保険に加入している。世帯の年間払込保険料は38万2000円だ(生命保険文化センター調べ)。

 加えて、火災保険や自動車保険など、損害保険料を支払っている。火災保険では建物の構造や築年数、自動車保険では車種や特約の有無によって保険料が変わるので、平均的な支出額はわからないが、生命保険と損害保険を合わせれば年間50万~60万円前後の保険料を支払っている家庭が多いだろう。

 この保険料をできるだけ安く抑えて、その分を貯蓄に回せたら。一方で、万が一のときに備える必要もあり、保険の見直しをためらう。しかし、例えば医療面では、公的な助成がある。実はムダに保険料を支払っているケースも多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る