小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<18>嫌気がさすような状況でも腐らずに希望を言い続ける

公開日: 更新日:

 希望と違う仕事をやらなければならなくなったとき、モチベーションを維持するのは難しいですよね? すぐに転職を考える人もいるかもしれません。でも、そこは踏ん張りどころ。決して腐らずに、きちんと希望を言い続けることが大切だと思うのです。

 ロンドン特派員になった頃の私は、「国際情勢を左右するようなビッグニュースを最前線から伝えたい」と意気込んでいました。しかし現実は違って、その役回りはなかなか巡ってきません。それは単純に「順番」の問題でした。同じエリアをカバーする特派員7人は優秀で、ベテランぞろい。私は特派員1年生で、32歳と最も若かった。重大ニュースが起きたとき、本社から指名される順番は当然、最後です。運良く出番が回ってきても、1番手や2番手の記者が徹底的に取材をした後という状況でした。

 象徴的だったのは、2001年9月、赴任1カ月後に発生した米同時多発テロのときです。ほかの特派員が忙しそうに現地に向かう中、私ひとりがロンドンに残りました。「お留守番」をしているような、なんとも寂しい気持ちになったのを覚えています。そのうち支局長が休息のためにワシントンから戻ってきましたが、バトンタッチの指示を受けたのも私ではありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る