迷惑行為第3位「電車で足を広げて座る人」の心理と対処法

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(39)が先月末、新幹線の中で乗客の迷惑行為の被害に遭い、自身のツイッターに〈みんなマナーは守ろうね〉と投稿。大反響を呼んだ。お盆休みで電車を利用する機会も増えるが、確かにマナーの悪い客にはウンザリする。

 日本民営鉄道協会が昨年調査した「駅と電車内の迷惑行為ランキング」によると、ワースト1位は、背中や肩のリュックなど「荷物の持ち方・置き方」(37%)、2位が僅差で「騒々しい会話・はしゃぎまわり」(36%)、3位が「座席の座り方」(34%)と続く(3つまで回答可)。

 いずれも“電車内あるある”だろうが、不思議になるのが3位。ちょくちょく見かける足を思い切り大きく広げて座る乗客だ。体に障害があるなど何か事情があるなら仕方がないが、膝を閉じればもう1人座れるのに、なぜ譲らないのか不思議でならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  10. 10

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る