田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

セレブママたちが嫌がる「都落ち」感で遠のく慶応の背中

公開日: 更新日:

早稲田実業初等部編

「早稲田実業初等部(小学校)が人気面で伸び悩んでいる理由は立地面だけではない。初動の失敗を今も引きずっている」と話すのは早稲田大の文系教授。初等部の創設やその後の動きについて内情をよく知る人物だ。

 中等部と高等部を擁する早大の系属校・早実が創立100周年事業として、キャンパスを東京・早稲田鶴巻町から国分寺市に移したのは2001年。翌年には早大の附属・系属校では初めて男子校から男女共学に移行。併せて初等部を開設した。

「慶応幼稚舎を意識しているのは言うまでもありません。百数十年の歴史を持つ幼稚舎を追い越すといったらおこがましいですが、ライバルくらいにはなれると信じていた。ところが、差は開く一方だったのです」と前出の早大教授は嘆息する。

「名門小学校を目指す父兄、特にお母さま方からは場所が理由で敬遠されている」と解説するのは、学習塾で小学校受験を担当する進路相談スタッフだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    歴史を捏造するアベの後継は「なかったこと」にする最低男

  5. 5

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  6. 6

    小此木防災相 コワモテ3世の三原じゅん子と野田聖子との仲

  7. 7

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  8. 8

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  9. 9

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  10. 10

    平手脱退から10カ月「欅坂→櫻坂」改名特需後はどうなる?

もっと見る