涼しいイメージがあるけれど…秋の登山は熱中症にご用心!

公開日: 更新日:

 記録的な猛暑から、ようやく秋の足音が聞こえ、ホッと一息ついている人も多いだろう。しかし油断は禁物。予報によれば、しばらく30度超えの真夏日が続きそうだ。

 特に注意したいのが、山のレジャー。山は涼しいイメージがあるが、「熱中症のリスクはよほど高い山でない限り付きまといます」と話す山岳医の神田橋宏治氏に詳しく聞いた。

「標高と気温は関連性があり、約100メートル高くなるごとに0・6度下がります。仮に標高0メートルの所から1000メートルの山に登ったとすると、頂上の気温は6度低い。ですが、登る途中の気温は高いままで、その時間の方が長いわけです。また、山によっては日差しが強い場合も。条件が揃えば、北アルプスの3000メートル級の山でも熱中症を起こします」

 実は先日、記者も危うく山で熱中症、そして遭難しかけた。1400メートルほどの低山に小4の娘と登ったのだが、その日は猛暑で地上の予想最高気温は37度。しかし、山中なら涼しいだろうと考えたのが間違いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る